相性のいいセフレを探す事が大切

セックスの相手が恋人だけという場合には、その恋人との相性次第では満足できない事が続く事になります。
不満に思いながら我慢している人もいると思いますが、セフレを作る事を考えてもいいかもしれません。
不満の残るセックスではなく、満足出来るセックスを楽しめる相手を見つければ良いのです。

ここで知らない相手をセフレにするのは、探すのも難しいですし上手くいかない可能性もあります。
もし昔付き合っていた人との相性が良かったのであれば、その人とセフレになることを考えてもいいかもしれません。
体の相性がいい相手というのは、探せばすぐに見つかるものではありません。
セフレが出来たとしても、恋人のように相性が良くなければセフレを作る意味がないのです。

もちろん別れてからしばらく連絡を取っていなかったでしょうから、すぐにセフレになれるという保証はありません。
ですが、何をきっかけに関係が変わるか分からないのですから、まずはきっかけを作る事が大切なのです。
そこで連絡を久しぶりに取ってみると、相手もその気になってセフレになれるかもしれないのです。

もちろん出逢いアプリを利用して、セフレを探す事も出来ます。
この方法が一般的ではありますし、セフレ探しに利用する人も多いのです。
利用するのは簡単な会員登録するだけですから、利用したいと思う出逢い系サイトが見つかればすぐに始められるのです。

プロフィールはしっかりと入力した方が、他の人が見た時に役立つので、そこは簡単に済ませないようにしましょう。
自分の事が分かって貰えなければ、セフレや愛人などどういった関係を望んでも相手にされないのです。

初エッチにかかる時間は?

出逢いアプリで知り合った相手と初エッチをするまでにかかる時間はどれぐらいでしょうか?
理想を言えば知り合ったその日の夜に会う約束をして、待ち合わせ場所からそのまま近くのホテルへ行きセックスをするのが理想です。
それなら知り合ってから初エッチまでの時間は数時間と言ったところでしょうか?

しかしいくら出逢い系サイトで身体だけの関係を求めているとは言えそこまでスムーズに話の展開が進む事はまずありえません。
メール内でそんなふうにほのめかされたらそれはサクラのテクニックにすぎないと考えた方がいいでしょう。
どれだけ奔放な女性であってもやはりわが身は大切にするものです。
メールで知り合ったよく知らない相手と数時間後にセックスをしているなんて自殺行為だと思いませんか?
世の中にはいくらだって悪い事を考える人がいるのです。
他人に危害を加えても平気な人がいるのですから、人を疑ってばかりではいけませんがひとまず警戒心を持つ事は大切です。

では理想ではなく実際に初エッチにかかる時間は?というと個人差が大きいと言えるでしょう。
ただ平均値を出すとメールのやり取りをして半月ぐらいして実際に会う事になりセックスをする。
セフレの場合は半月から1ヶ月ぐらいで初エッチを達成したいところです。

そして相手が恋人関係を望んでいるのならもっと時間をかける必要があります。
そうしなければ身体目当てだと思われてしまうからです。
恋人関係の場合は出逢いサイトで知り合ったから展開が早いという事はありません。
出会いのきっかけが出逢いアプリであったとしても出会った瞬間から2人の関係がスタートしているわけです。
好きな相手と付き合い始めてからセックスをするまでにかかる時間は昔なら3ヶ月~6ヶ月ぐらいと言われていましたが今ならもう少し短くなっているかもしれませんね。
ただあまり正確なデータは存在しないのでなんとも言えません。

プロフィールに問題があるとセフレは作れない

出逢い系サイトでは、もちろん常にセフレを作れるチャンスはあるわけです。
ただ、そのチャンスを自ら手放してしまう人も少なくないのです。

その典型例として、プロフィールを挙げることができます。
簡単に言えば、プロフィールに問題があることが原因で、セフレを作れずにいるわけです。

普通は出逢いサイトに登録をしたら、まずはプロフィールを作成するものです。
年齢であったり住んでいる地域などは、出逢いアプリを登録する時に入力するので、プロフィールではより細かいことを書くことになります。

自分の趣味であったり、好きなエッチの種類であったり、どういった性格なのかを書いたりするわけです。
それによって、相手に自分のことを色々と知ってもらえるので、セフレになれるチャンスを得られるわけです。

逆に言えば、プロフィールを全く書いていなかったり、あるいは適当に済ませてしまうと、相手に自分のことを何も知ってもらえないのです。
相手側からしても、何も人物像が掴めないような人とは、セフレになりたいとは思わないでしょうから、そのような人とセフレになることは避けてしまうのです。

つまり、プロフィールをまともに書いていない時点で、すでにセフレを作ることは絶望的な状況になってしまうのです。
だからこそ、そうならないためにもプロフィールは絶対に書かないといけないのです。

プロフィールを書くのに、何時間もかかるわけではありませんし、せいぜい30分程度しかかからないわけです。
それぐらいの時間を惜しむこともないでしょうから、しっかりとプロフィールを書いていくようにしましょう。

どれぐらい会員がいるかを第一に決めるよりも

出逢いサイトを探す時に、どれぐらいの会員がいるかを第一に考えて探す人も多いようです。
確かに、会員数が多ければセフレを作るチャンスが多くなるだけでなく、それだけ人気のある出逢い系サイトだという証にもなるでしょう。

ただ、たくさんの会員がいれば絶対に安全な出逢いアプリかと言うと、決してそうとも言えないのです。
むしろ、会員がたくさんいるからこそ、注意しなければいけない出逢い系サイトだという可能性もあるわけです。

例えば、出逢いサイトの多くは、無料で利用できるサイトが大半なのですが、その中でもより気軽に利用できるようなサイトは、それだけ人が集まりやすくなるのです。
年齢確認も最低限で、特にこれといった審査もなく、ほんの数分で登録できるようなサイトも少なくないのです。

そういったサイトは、必然的に会員数は多くなるでしょうし、一見すると超が付くほどの人気サイトのように見えてしまいます。
しかし本当に安全な出逢いアプリかと言うと、必ずしもそうとは言えないわけです。

気軽に誰でも利用できる出逢い系サイトは、それだけいろんな人が登録することになるのです。
真面目にセフレを探すだけでなく、いたずら目的や荒らし行為などを目的に利用するような人もいるのです。
さらには、他のサイトの宣伝だったり、勧誘などを目当てに登録する人も少なくないのです。

つまり、簡単に登録ができてしまうことで、それだけ出逢いサイトの治安も不安定になりやすいのです。
そういった出逢い系サイトは、お世辞にも安全性に優れているとは言えませんし、ある程度のリスクも伴うことになるのです。

なので、どれぐらい会員がいるかよりも、本当に安全な出逢いアプリなのかどうかを第一に決めるのがいいかと思います。

同僚とセフレになる時に気をつけるべきことは

会社の同僚とセフレになるケースも昔に比べれば増えています。
女性の社会進出や独身率の増加によって、昔よりもセフレ関係になりやすい環境になっているわけです。

さて、そんな同僚とセフレになる時には、どういったことに気をつければいいのでしょうか。
もちろん、周囲にバレないことは最も優先すべき事項だと言えます。

どうしてもセフレという関係は、今の時代もあまり良い目で見られるものではありません。
もし会社の人にセフレ関係を知られてしまえば、普段の仕事に支障をきたしてしまう可能性もありますし、そうなれば会社での評価にも響いてしまうのです。

そのため、例えばセフレと一緒にホテルへ行く時でも、会社の人に見られてしまうと非常にまずいのです。
これが会社の同僚でなければ、風俗などと誤魔化すこともできるのですが、同僚だと言い訳ができないのです。

特に、会社の人たちがいろんな地域から通勤している場合は、少し遠くのホテルを選んでも見られてしまう可能性があるわけです。
一緒に出会う地域はもちろんですが、日時や場所にもしっかりと考慮しなければならないでしょう。

また、会社で一緒に過ごす時は、絶対に今まで通りに接するようにしましょう。
少しでも今までと違う行動をしてしまうと、誰かに察しられてしまう可能性も否めないので、その点にも注意しないといけません。

あとは、もし携帯電話と個人用と会社用の両方を所持している場合は、間違っても会社用でセフレと連絡を取ったりしないようにしましょう。
意外と間違えてしまうこともあるので、間違えると非常に面倒なことになりかねないのです。

[記事公開日]2016/06/10
[最終更新日]2016/09/06

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.